保育士になるための勉強について
     
サイトトップ 保育士資格の取得方法 保育士試験の内容とは 保育士の仕事内容 リンク集 サイトマップ  
 
 保育士資格の取得方法
 
   

保育園で保育士とした働くためには、国家資格である保育士資格が必要です。この保育士資格を取得するためには、大きく分けると二つの方法があります。

一つは、保育士を養成するための学校に通うという方法です。保育士を養成する学校は、大学や短大、専門学校などで、保育士養成課程が設置されている学校に2年〜4年通うことで卒業と同時に保育士資格を取得することが可能です。高校卒業後保育士を目指したいという方はこの方法で保育士資格を取得することが多くなっています。短大や専門学校の多くは2年間でさまざまな実習などもこなす必要が出てくるため、4年制大学で学ぶより学生の間は非常に忙しくなりますが、その分早く保育士として働くことが出来ます。一方で4年制大学を卒業して保育士になると、やや給料が高くなる傾向があります。

もう一つの方法は保育士試験を受けるという方法です。社会人として働きながらや、主婦として家事や育児をこなしながらも受験をすることが可能です。毎年4万人 〜5万人くらいの人が保育士試験にチャレンジをしています。ですが、この保育士試験はかなり難関となっており、合格率は10%程度になっています。小さな子供たちのケアにあたる保育士となるための試験なので、決して簡単ではないということが言えます。


【 保育士関連 外部リンク 】
保育士資格を取得した後は、就職する保育施設を探さなければなりません。保育業界専門の求人サイトを利用して就職活動を進めるのも良いでしょう → 保育士 就職
 
 
  Copyrightc2017 保育士になるための勉強について All Rights Reserved.
: サイトトップ : 保育士資格の取得方法 : 保育士試験の内容とは :  保育士の仕事内容  : リンク集 : サイトマップ